借り上げてもらうメリット|信用できるマンション管理会社ランキングの探し方

借り上げてもらうメリット

間取り

賃貸経営を行っている上で最大のネックが利用率です。賃貸経営では、経営者が提供する物件を誰かが借りて、その対価として賃料を支払うことで収入を得るというものです。つまり、誰かが借りてくれなければ収入を得ることができません。しかし、収入がなくても不動産を保有している時点で税金は支払わなければいけませんし、建物の維持コストも毎年掛かります。このため利用率が一定のラインを割ると資金の持ち出しとなってしまいます。これらの問題を解決するのがサブリースと呼ばれる一括借り上げサービスです。一括借り上げはその名の通りで一括で物件を借り上げてくれるというものです。一括借り上げによって賃料はその借り上げた会社から得ることになり、実際の利用率に限らず賃料が支払われる仕組みです。

一括借り上げのメリットは、賃貸経営のアウトソーシングとも言えるものですが、利用するさいには理解しておくことが多くあります。ひとつは一括借り上げはあくまでもサブリースを行っている会社に対して建物を貸すことです。このためサブリース会社は収益から賃料を支払うことになり、そのさいにサブリース会社も利益を得なければなりませんから、本来の入居者と直接契約するのと比べて得られる収入は2割から3割程度減ります。またあくまでもサブリース会社に対して貸し付けているため、いずれ契約に期限があり更新する必要がありますが、このさいに賃料の値下げを求めてくるのが一般的です。これは建物の老朽化によって入居者を集めにくくなることが大きく影響しています。このため一括借り上げを利用するさいには、オーナーは単に貸し付けるのではなく貸し付けることで得られるメリットとデメリットを理解しておく必要があります。