連帯保証人不要で安心|信用できるマンション管理会社ランキングの探し方

連帯保証人不要で安心

積み木

高齢社会でニーズアップ

家賃保証会社は、入居者が賃貸契約をするときに連帯保証人を用意できないときに利用します。管理会社やオーナーは、家賃保証会社が家賃を立て替えて支払うので、連帯保証人を設けることなく入居を受け入れることができます。また、入居者側としても、連帯保証人がいなくても賃貸契約できるメリットがあります。高齢者の他にも外国人入居者が連帯保証人ではなく、家賃保証会社を利用するケースが多くなりました。ただし、賃貸住宅によっては連帯保証人を選任したうえで、家賃保証会社を利用するのが入居条件としている場合もあるので、事前に確認しておきましょう。家賃滞納による退去などのトラブルを防げることから、双方に安心できる仕組みだといえます。

家賃を滞納した場合

家賃保証会社を利用して賃貸契約を結び、失業などで家賃を滞納するとどうなるのでしょう。まず、オーナーや管理会社には家賃保証会社から支払いが行われるので、即退去ということにはなりません。ただし、滞納したことで家賃保証会社から連絡を受け、支払に関する話し合いを行います。ほとんどはうっかり口座の残高が不足した滞納ですが、退職や病気療養で収入が得られない状態なら、今後の支払いに関して家賃保証会社と話し合って、退去するのか住み続けるのかを決定することになるでしょう。家賃保証会社に滞納している家賃は、いずれにしても支払いが求められるので、万が一対応があれば早期に解決することが推奨されています。オーナーにも入居者にもメリットがあることから、今後の導入が期待されています。